はじめての方へ

VENUS は、日本周辺の大気汚染物質の動きを予測する数値シミュレーションシステムです。

正式名称は「大気汚染予測システム」 (Visual atmospheric ENvironment Utility System) ですが、愛称を「ビーナス」としています。

開発は、環境省の支援の下で、 国立環境研究所 地域環境研究センター 大気環境モデリング研究室 が担当しています。

VENUS では数十種類の大気汚染物質についてシミュレーションを行なっていますが、 VENUSウェブサイト では、 大気汚染物質の中でも特に関心の高い PM2.5 とオゾンの2種類について、 予測結果を配信しています。

VENUS はまだ開発中のシステムで、現在も予測精度向上のため、 担当者一同、日々改善の努力を積み重ねています。 VENUS についてご意見・ご要望等がありましたら、 お問い合わせ まで遠慮なくお送りください。 今後の参考にさせて頂きます。